【各話解説(ネタバレ有)】「偽王の骸」第二十二話

2017.01.19 Thursday

0

    ■第二十二話「哀しき啓示」

    http://ncode.syosetu.com/n2388dp/24/

     

    十九話以降、樹莉ちゃん関連でダークな話が続き、作者が書き疲れた&読者様が付いてこられなくなったらいやだな、という理由ではさんだ休息回です。

    二十一話までは、聖安シリーズにしてはきつい話が続いてきてますからね…シリーズのカラーを濁したくなくて、友里を再登場させて軌道修正っぽい回にしたかったのです。

    休息回ではあるのですが、蘭麗は予知夢によって失恋を予感し、切ない気分になるという、明るくはない話です。

     

    久々に出た友里ですが、おぼえてらっしゃいますか?「金色の螺旋」九章七話で初登場した天才少女です。

    友里は古参のキャラで、かなり以前からいるギャグ担当キャラです。麗蘭にあこがれていて忠実で、戦力としても頼りになる子です。前話までで鬱屈した流れを変えるにはいいかなと思って出してみましたが、穏やかな蘭麗との絡みだとそんなにテンションが上がっていませんね(笑)。早く麗蘭と会わせたいです。

     

    冒頭の恋心を語る少女(?)の声ですが、これは特定の誰かの声というよりかは、今恋をしている麗蘭・蘭麗、そして樹莉の心の声を代弁したものをイメージしています。三人のだれにでもあてはまるし、もしかすると読者様にも共感してもらえる方がいらしたかも。

    ここでは夢を見た蘭麗が、こんな気持ちになりましたよ〜という体でおいていますが、彼女だけの心情描写をしているのではないです。

     

    蘭麗は時折予知夢を見る子で、「金色の螺旋」で母上が死ぬのを悪夢で予知しました。今回も、魁斗と麗蘭が結ばれる夢(結ばれる=えろい夢ではないです)を見たのですが、回避するのではなく受け入れようと自分に言い聞かせています。魁斗と麗蘭は同じ使命を帯びて生まれた運命の二人であり、自分は入り込む隙がないのだと悟ります。そして彼らが敵と戦うために、いつか二人でどこかへ去ってしまうところまで予知したのです。

    運命だから仕方がないと、泣きながら受け入れたつもりの蘭麗ですが、いずれ本人たちを前にして、本当に受容できるのでしょうか…

     

    実は、失恋を予知した蘭麗をある程度落とそうか悩んでいたのですが、樹莉に加えて蘭麗まで沈むと救いようがなくなってしまうのでやめました。その分、樹莉がとことん闇堕ちしてくれればいいなと思います←

     

    そして蘢は、麗蘭の気持ちも蘭麗の気持ちも何となく察しています。蘭麗が魁斗のために悲しんでいるのに気付きながら、蘭麗を想うあまり探ることもできないでいます。蘭麗が好きすぎるあまり攻めることもできないでいる…彼もまた、不器用に優しい男なのです。

    拍手返信

    2017.01.17 Tuesday

    0

      拍手に「偽王の骸」のご感想をいただきました(*´ω`*)

      続きに返信書きます。

      「偽王の骸」をイラスト付で紹介してもらいました☆

      2017.01.15 Sunday

      0

        いつもお世話になっている把多摩子さんの「どくしょかんそうぶんえ。」で、「偽王の骸」を紹介してもらいました〜!!なんと、樹莉ちゃんのイラスト付です!!

        本編の19話以降のネタバレを激しく含みますので、リンク先とイラストは「続き」に掲載しますね(*ノωノ)

        あと、イラストはやや肌色が多いので、背後に少し注意です(´・ω・`) 

         

        どくしょかんそうぶんえ。」には、以前「金色の螺旋」も取り上げていただいております〜!→こちら

        他にも素敵な小説が多摩子さんのイラストとともに紹介されておりますので、ぜひご覧になってみてください。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        【各話解説(ネタバレ有)】「偽王の骸」第二十一話

        2017.01.13 Friday

        0

          ■第二十一話「妄執」

          http://ncode.syosetu.com/n2388dp/23/

           

          ー莉と瑠璃、⇔鑞と謎の鳩、という2パターンに分かれていますが、書きたかったのは樹莉が病んだ経緯です。

           

          まずは前半から。

          解説するまでもなく、作中で語られているのですが、

          樹莉は信頼しきっていた兄に裏切られて男女の関係になってしまい、ショックの余り頭がおかしくなってしまいます←これがベース。

          根が真面目な樹莉は、「兄妹なのにこんな関係になっていいはずがない」→「兄妹じゃなくて恋人同士だからokなんだ」と強引に発想の転換を行います。

          その後すぐに死別してしまい、寂しさの余り人肌を求めて性的にだらしなくなるのですが、王女なので誰にも咎められません。ものすごい美少女なので、誘惑にのった男性の方が罪悪感を抱いてしまうこともままあったそうな。

          トラウマ的な初体験を迎えてしまうと男性恐怖症になってしまうケースがあると思いますが、樹莉の場合はその逆だったようですね。そういうのをイメージしていました。

          基本はそういう感じですが、作中ではもっと病的なもの、色情症とか依存症とかを想起させる描写をしています。してもしてもし足りないとか、会話しててもそういう方向にばかり持っていきたがるとか(二十話参照)。本当はもっと露骨な表現をしたかったのですが、このシリーズで許されるであろうぎりぎりのところにとどめたつもりです。いつか別の作品で、えげつないのを描いてみたいです。

          そして、樹莉がここまで重症化したのには真因があります。その真因については、この後の話に出てきますので、ここでは伏せておきますね。

          …瑠璃が出てきた時点で気付いた方もいらっしゃるかと思いますが(笑)

          なお、かつて樹莉が荐夕に抱いていた気持ちについては、この後の話でも回想などに織り込んでいます。

          今後のポイントとしては、荐夕はなぜ樹莉に愛を偽ったのか、です。

           

          瑠璃とからませたのは、上述した「真因」への伏線でもあり、

          瑠璃自身の今後の物語にかかわる伏線でもあります。

          12話の燈雅くんとのやり取りでもわかるように、瑠璃は想い人に振り向いてもらえず飢えているのです。

          だからこそ、樹莉が飢えている原因もわかるわけで。瑠璃が樹莉に投げかけている言葉は、すべて自分に向けて言っているようなものです。

          このあたりの台詞なんか正にそう。二つ目のなんて、金色の螺旋10章34話で珠帝に言われた言葉と通じるものがありますね。

           

          「如何に激しく、如何に深く身体を繋げて肉の欲を満たしたとしても、其れだけで飢えは消えない。飢えて苦しいのは、おまえの想い人が真におまえを愛していないと気付いているからだ」

          「おまえは恋人に乞われて母親を殺し、明日には異母兄まで殺そうとしている。だが知っているはずだ。彼の願いを全て叶えたとして、おまえが愛されることは無いであろう――可哀想に」

           

           

          瑠璃が樹莉に飢餓状態を脱するヒントを与え、この後樹莉がある行動を取るのですが、

          それがむちゃくちゃ重要な行動になります。

           

          さて、後半パートについてです。

          謎の鳩が出てきますが、「水浅葱色の鳩」でどの鳩か分かった方はすごいです。金色の螺旋からじっくり読んでくださっている方ですね。本当にありがとうございます。

          鳩に乗り移って麗蘭を助けたのが誰なのかは、もう少し後で明かされます。

           

          樹莉の受難について麗蘭が知る場面、こうみえて結構悩みつつ書きました。

          純粋培養されて育った麗蘭にとって、近親相姦とか強姦とか、その手の話題ってタブーだと思うのですよ。

          でもまあ、魁斗に惚れて少女から女性への転換期に来ているわけですので、多少は良いかなあと思って割り切りました。

          真実を知らないと、この後樹莉を救えないですし。

          全て知ったうえで「真因」に触れた時に、真の黒幕への嫌悪を広げるのです。

           

          ここでの麗蘭に関するポイントは、堕ちに堕ちた樹莉を見捨てずに救おうとしている姿勢、です。

          【各話解説(ネタバレ有)】「偽王の骸」第十九話〜二十話

          2017.01.07 Saturday

          0

            ■第十九話「***」(「死霊の抱擁」)

            http://ncode.syosetu.com/n2388dp/21/

            ■第二十話「変貌」

            http://ncode.syosetu.com/n2388dp/22/

             

            本作の転換点となるお話です。

             

            樹莉が浮那大妃ではなく黒幕だったというのに、最初から気付いていらした読者さん、いらっしゃいましたよね?

            麗蘭はまるっきり騙されてましたが、蘢や魁斗は何となく疑ってましたし、ミスリードしつつ端々にヒントを落としてはいたのです。

            序章「冥闇情炎」でネクロフィリアっぽいことしてるのも、浮那と思わせて樹莉です。

             

            樹莉が黒幕だというのは、私自身相当早い段階で考えていたのですが、ここまでえろい子にしようとは思っていませんでした。勢いにまかせて書いていたら、瑠璃たんもびっくりなえろ娘になっていたので、魁斗くんと一緒にドン引きしてました。

            解説といっても、樹莉がこうなるに至った経緯は次の二十一話で書いていますので、今回は少しだけ。

             

            樹莉が魁斗に語っているように、今回の騒動は樹莉が荐夕を蘇らせようとして仕組んだものでした。
            大妃の死が引き金となり、豹貴の身体で荐夕が復活する、というものですが、
            魁斗を憎んでいる樹莉は、魁斗への復讐も同時に行おうとします。
            大妃を騙して進んで闍那宮の怪物に食べられるよう仕向け、麗蘭と魁斗を向かわせて倒させる。魁斗の抱く大妃への複雑な思いを知っている樹莉は、魁斗を苦しませるためこの方法をとります。
            本文中、この時点では書いていませんが、他にも麗蘭にしか倒せない蛇を倒させ、魔王選びのために闍那の森を使わせないようにするという目的もあったと思われます。

             

            二十話をお読みいただいてから、十六話に戻って大妃の台詞に着目してもらえれば、大妃が樹莉に騙されていたのだということが解ります。

             

            十六話「魔性の王母」

             http://ncode.syosetu.com/n2388dp/18/

             

            大妃はもともとすごくしたたかで、騙されるような人ではないのですが、樹莉や魁斗の言っている通り、荐夕が死んでから相当弱っていたので簡単に騙されました。

             

            他の注目点としては、樹莉の発言がやたらえろい方面へ向かっているという部分でしょうか。

            聖安シリーズでえろ要素を増やすのは抵抗があるのですが、物語の進行とキャラを描くために必要だったので、迷いつつ意識して入れました。

            二十一話以降書きますが、ある原因により彼女の頭の中がそっち方面のことばかりになってしまっているので、そういう部分を表現しました。聞いてる魁斗も書いてる私自身もドン引きしつつ……です。

             

            現時点で書けるのは、これくらいですかねえ。

            次回、二十一話でもう少しいろいろと明らかになります。

             

             


             

            【各話解説(ネタバレ有)】「偽王の骸」第十五話

            2016.12.29 Thursday

            0

              ■第十五話「託された願い」

              http://ncode.syosetu.com/n2388dp/17/

               

              「聖安シリーズ」全体で重要な回でした。

              核心部分は完全ネタバレになるので触れませんが、言える部分のみ解説です。

               

              地下宮にある真実をうつす鏡、真誠鏡を覗いた魁斗は、自分に関する「真実」を見せられます。

              彼が見た真実は、母である薺明神(せいめいしん)・耀蕎(ようきょう)が、どういう経緯で魔王と契り魁斗を産むに至ったか……についてです。

              このあたり、複数作品にまたがっていて時系列がばらばらになっていますので、まとめると下記のようになります。

               

              (1)黒神が邪神になり、「五闘神(耀蕎以外)」を含む多くの神、父帝(神王)が殺される。その後、黒神は兄・聖龍に封じられる。この時、聖龍が神剣瑞奘(すいじょう)に黒神を封印し、その剣を託された耀蕎が人界のどこかへ降り、二重の封印を施した。

               

              (2)(1)の千五百年後、黒神が復活。天界の神々は黒神を倒しに向かうが、次々と死亡(正確には「行方知れず」。戻って来た者がいないため)。黒神は「理(ことわり)」により「聖龍と光龍以外には倒せない」ことになっているため、結局はみんな無駄死する。「黒神をかばっている」と噂されるわけにはいかないので、聖龍(=天帝)と薺明神は部下が死にに行くのを止められない。

               

              (3)耀蕎、聖龍に黒神を倒しに行かせてもらえるよう許可を求めるが、許されず(耀蕎は一番強い闘神なのに、自分だけ黒神と戦う機会を逸して後悔していた)。なすすべもなく打ちひしがれているときに、天界の果てにいる女占師の噂を聞きつける。耀蕎、女占師に聖魔の力を併せ持つ子を作るよう言われ、早速実行する(→魁斗誕生)。

               

              (4)魁斗を産んだ数年後、耀蕎は聖龍より黒神討伐の許可を得る。黒神と戦いに行った耀蕎が亡くなる。黒神がとどめをさすところをわざと魁斗に見せる。

               

              魁斗が真誠鏡で見た映像によると、聖と魔の二属性を持つ魁斗ならば、黒神を傷つけ「血を流させられる」ということでした。

              本来黒神はチート的存在であり、聖龍と光龍(聖龍の力を分けて創られた)にしか倒せないといわれています。魁斗も黒神を倒す力はないのですが、光龍と力を併せれば勝機が見える、ということを予言者に言われます。

              つまり、魁斗は自分が麗蘭を助け、ともに黒神を倒すという使命のもと生まれたのだと自覚するのです。

              麗蘭のことを好きになっている魁斗が、この「真実」によって麗蘭との運命的なものを感じるわけなのです。

               

              耀蕎の本意がいかなものだったのか、魁斗の解釈が本当に正しいものだったのか…というのが、重要なポイントになりますが、超コアなネタバレになるのでこのへんでやめておきましょう。

               

               

               

               

              瑠璃たんのイラストをいただきました!!

              2016.12.22 Thursday

              0

                いつも拙作キャラのイラストをくださる把多摩子さんより、瑠璃たんのイラストをいただきました!!

                服を着ていない裸の瑠璃たんなので、背後にご注意ください(笑)

                念のため「続き」に収納しますね。

                【各話解説(ネタバレ有)】「偽王の骸」第十二話

                2016.12.11 Sunday

                0

                  ■第十二話「報復」

                  http://ncode.syosetu.com/n2388dp/14/

                   

                  作者も待ってた瑠璃たん回です。書いたのは大分前。

                  今作では黒神&瑠璃を極力登場させないというマイルールのもと書いているのですが、十話をこえて我慢できなくなり瑠璃たんを出しました。

                  結果、出してよかったと思える意味のある話にすることができました。前作からの読者の方は、タイトル「報復」にご注目いただければ幸いです。

                   

                  〇燈雅の現在

                  珠帝の後を継いだ燈雅は、仮即位式を終えて皇帝陛下になっております。

                  もともと忙しい人だったのですが、さらに忙しい毎日を送っているようです。言及していませんが、右腕の丞相(紫暗)が有能なので、多少楽していると思います。

                  皇太子時代からの側室十二人に紅燐を迎え、十三人の奥さんのもとへローテーションで通う毎日。一ヶ月を30日とすると、単純計算で一人月2+4日くらい余ります。余った4日は一人の時間にあて、別の女の子をあさったりしています。今回の話では、その4日のうち1日を瑠璃たんと過ごしていることが判明していますね。

                  ……日中忙しい割には夜も異常に元気なようです。

                   

                  〇燈雅と瑠璃たんの関係

                  緑鷹様と充実した(疑似)カップル関係にあった瑠璃たんは、自分でその関係を壊したことにより、(心身共に)寂しい日々を送っていました。代わりになるような男を探しており、何となく緑鷹に似ているところのある燈雅に目を付けます。圭惺平原で初めて燈雅を誘惑したときはまさかの失敗に終わったのですが(「金色の螺旋」9章「誘惑」参照)、珠帝亡き後もめげずに誘惑していました。

                  頭のいい燈雅は瑠璃たんの危険性を一発で見抜き、最初はねのけたのですが、やがて考えが変わります。珠帝や緑鷹など、尊敬していた人々を破滅させた瑠璃たんに自分が勝てるのかどうか、試したくなったのです。決して誘いに屈したわけではないのです(たぶん)。

                  彼は瑠璃たんと黒神に(珠帝と緑鷹様を奪われたことに関し)恨みを持っていたので、なんとか仕返ししたいとも思っていました。瑠璃たんと寝るたびに瑠璃たんの秘密を暴いていき、心の底に秘めた孤独を見抜きます。誰と寝ても満たされることのない「飢え」とか「渇き」とか、そういうものです。

                  瑠璃たんは、緑鷹様が与えてくれた「愛」を燈雅にも求めますが、瑠璃たんを憎んでいる燈雅は愛してなんかやりません。瑠璃たんが美しいので最初は心が揺らぎそうになるのですが、彼も他にたくさん側室がいて一ヶ月に1度しか相手をしてやれない制約があるのと、根本に復讐心があるので耐え抜きます。そして、酷い一言(「私に身を差し出すことで、自ら壊して二度と手に出来なく為ったものを埋めているのではないですか」)を浴びせるのです。

                  これこそが、燈雅なりの瑠璃たんへの「報復」なのです。今後も身体だけの関係は続きます。燈雅くんからすれば、ほぼ都合のいい女状態ですな。

                   

                  結局瑠璃たんは、珠帝の言葉通り、「自分を愛してくれる男を自分で食い殺さなければならない」可哀想な子なのですね。

                   

                  ちなみにこの話、今後の「偽王」の物語の伏線になります。

                  「飢え」「渇き」がキーワードです。

                   

                  〇燈雅→麗蘭

                  燈雅は麗蘭に興味を持っています。

                  忙しい時期に、何も聖安まで出向かなくてもいい(紫暗を派遣すれば済む話)のですが、麗蘭に会いたいがために自ら動きます。

                  ばっちり事件に巻き込まれている麗蘭と無事会えるかどうかは、まだ秘密です。

                   

                   

                  【各話解説(ネタバレ有)】「偽王の骸」第十話

                  2016.12.04 Sunday

                  0

                    ■第十話「会いたい人」

                    http://ncode.syosetu.com/n2388dp/12/

                     

                    重要な回です。

                    今後の物語を理解していただくのに必要な「闍梛宮の試練」について、魁斗がルール説明を行っているのと、魁斗が麗蘭に対して抱いている複雑な思いについて言及しているためです。

                     

                    〇麗蘭と魁斗の再会

                    暫く舞台となる闍梛の森は、麗蘭にとってはかなり不利となる場所です。神力が使えないとなると、彼女の実力が半分くらい出せなくなってしまうからです。

                    ここに来る前はやる気に満ち溢れていたのですが、来てみると思った以上の恐怖を覚えます。そんな中、心の底で会いたいと思っていた魁斗が現れてくれたため、喜びひとしおです。

                    一方魁斗は、偽物麗蘭と対峙しひどい目に会っているので、ちょっと疑うと同時に若干の気まずさを感じています(傀儡の術を解く際にほとんど下着姿の彼女を見てしまっている等のため)。麗蘭は魁斗がここにきた理由を詳細に知りたがっていましたが、魁斗は深く語らず話を逸らしてしまいました。

                    年上らしく、男らしく、何かと麗蘭の行動を諫めたりしてきた魁斗ですが、ここでも危険を冒させまいと国に帰れと言います。自分なりに考えて行動しているつもりの麗蘭も、珍しく反発し、ちょっとした言い争いが起こります。喧嘩するほど仲が良いというか、あくまで二人は対等の立場なのだと示したいという意図があります。麗蘭は魁斗が好きですが、言いなりになるのではなく、自分の主張を通したい時は通すのです。互いに理解し合い、分かり合える関係というのが、彼女が無意識に求める理想なのです。

                    また魁斗は、前作8〜9章で麗蘭が神剣を継承しようとして鬱モードになり、励まして立たせたときのことを思い出します。覚えておられる方もいらっしゃるでしょうが、あの時のことに、魁斗は多少なりとも負い目を感じています。その後蘢にも語っていますけれども、魁斗は自分の目的(=黒神を滅ぼす)ために何が何でも麗蘭を戦わせねばならない立場にあります。自分の目的を遂げるために、光龍の使命と普通の女の子の間で揺れる麗蘭を説得して無理に剣を取らせたのではないか――という疑念があるからこそ、彼女の決めたことはできる限り実現させてやろうという責任を感じているのです。この言い合いにおける麗蘭の主張「蘭麗を帰らせたから大丈夫」はかなり乱暴で反論の余地有りまくりなのにもかかわらず、魁斗があっさり引いたのは、そういう理由からです。

                    麗蘭と魁斗の二人きりの場面は、今後数話に渡って書いていきます。彼らの心情がどう揺れ動いていくのか、ご覧いただければと思います。

                     

                    ちなみに、サブタイトルの「会いたい人」は、前作で麗蘭が魁斗への思いを自覚し始める十章29話「特別な人」という回のものに合わせています。

                     

                    〇魔王決めの試練について

                    下記のルールが語られます。今後の物語を追うのに重要になります。

                    ・魔王と正妻(浮那大妃)の息子の中で、選ばれた者が闍梛の森に入り、続いて地下宮に入り、生きて(正気で)戻った者が魔王となる。

                    ・森には候補が一人ずつ入る。

                    ・森では魔力が使えず、腕っぷしの強さだけが問われる。本来魔王の直系は妖に襲われないが、試練中だけは襲われるので、武術に長けていなければ捕食される。

                    ・地下宮の試練の実態は謎。確かなのは、ここで多くの者が正気を失い森でのたれ死ぬ。

                    ・試練の最中、挑戦者の状態は蝋燭の火で把握できる。森に居る時は赤、地下宮に入ると青になり、死ぬか正気を失う(=心の死)と火が消える。

                    【映画】五日物語 3つの王国と3人の女(2015)を見ました

                    2016.11.27 Sunday

                    0

                       

                      五日物語 3つの王国と3人の女(2015)

                      (Il racconto dei racconti)

                      ★★★★☆

                       

                      劇場に観に行きました。

                      とにかく映像が美しい!風景も出演者も衣装も、上演時間中目の保養でした。

                       

                      夫に愛されてたのに、子を望むあまりその夫を犠牲にして子を産んだ女

                      若さと美貌を望み、妹を捨ててまでつかみ取った老女

                      おとぎ話のような美しい伴侶を夢見ながら、鬼に嫁がされてしまった少女

                       

                      女の性をテーマにした作品ということで、現代の自分たちにも刺さる内容でした。

                      救いのきざしが見えたかと思えばことごとく絶望に突き落とされる展開、たまらないですね。

                       

                       

                      印象に残ったシーンはネタバレになりますので、「続き」から書きますね。

                       

                      続きを読む >>