雑記や創作状況など。
<< 金色の螺旋(聖安戦記) 七章「光焔の剣」について | main | 最近好いなと思ったもの >>
劇団四季観に行ってきた
昨日夜より友人宅に泊まり、来月の旅行プラン決め&四季観劇でした。
旅行は三連休に銀山温泉に一泊します。山寺と最上川舟下りに行く予定です。たのしみ(●´ω`●)

四季観劇は、こちらの作品↓
ネタバレがありますので、観劇予定の方はご注意願います。
iPhoneImage.png































美女と野獣観劇の際に、今年新しく上演すると知り楽しみにしてました。
4月頃チケットを取り、ずーっと待っていて、ようやく観に行けました。
今回もS席での観劇。四季は毎回S席でみています。一万円以内でそんなに高くないしね。
かなり前に予約していたので、1階センターの前の方が取れました。すごく良く見えました。

《感想まとめ》
・アリエルの女優さんがめちゃくちゃかわいい。見ているだけで幸せな気分になってくる程美しい。
・正直、同じ四季×ディズニーミュージカルであるライオンキングと美女と野獣よりはインパクトが小さい。
・脚本の流れがちょっと雑←仕方ないか。
・有名な曲を除くと、あまりぐっとくる曲がなかった
・日没の場面はアニメ版よりも好みだった(※)。

(※)日没の場面。
アニメ版は確か、アースラが化けた美女ヴァネッサに王子が誘惑される展開だったと思うのですが、舞台版は異なりました。
王子は声だけ知ってて顔は知らない謎の少女(アリエルのことなんだけど気付いていない)に惹かれながらも、声の出ないアリエルに恋をして、何度もあの声の主と迷いながらもやっぱりアリエルだ!とちゃんと選べています。アースラは美女に化けて誘惑するのではなく、王子がアリエルにキスする瞬間、アリエルの歌声を使ってエリックの気をそらし邪魔するという流れ。
この流れは、舞台版の方が好みでした。

総合すると、良かった!けど前回見たライオンキングやウィキッドの感動がすごすぎて霞んでしまったかな(*´ω`*)

次回の観劇は12月下旬、日生劇場のモンテ・クリスト伯です。濱田さんをみにいくぞおおおお!(`・ω・´)



話がそれますが、人魚姫といえばこの本を思いだします。
iPhoneImage.png
魂の無い水の精であるヒロインがある騎士と出会い、愛されて結ばれて、魂を得る。
魂は彼女にすばらしいものをもたらすけれど、重くて苦しいものでもあった。
騎士は魂を得て変わった彼女を次第に愛さなくなってゆき、別の女に心を寄せるようになる。
彼女は水の精のおきてに従い、不貞の夫を殺さなければならなくなる。

残酷で美しい、大好きな傑作ファンタジーです。大学生の頃一般教養でとってたドイツ文学の授業で知った作品です。
一気に読んでハマってしまいました。
人魚姫と通じるものがある話ですが、私はこっちが好き。

 
| 日々 | comments(0) |