雑記や創作状況など。
<< 【各話解説(ネタバレ有)】「凍える夢」第十三話〜第十四話 | main | 【各話解説(ネタバレ有)】「凍える夢」第十七話 >>
【各話解説(ネタバレ有)】「凍える夢」第十五話〜第十六話

【第十五話「宿業」】

 

・霞乃江(瑠璃)にかけられた呪い

 

 天地が逆さまに為っても己を愛さぬ男のために、

 己に愛をくれる男たちを喰い殺し続ける。

 

これが霞乃江の宿命なのですが…

この文章、どこかで見覚えのある方がいらっしゃいましたら泣いて喜びます。「金色の螺旋」十章で、珠玉が瑠璃に放った最後の言葉がこれなんですよ。

霞乃江はその美貌で男たちを惑わし、女たちから男を奪う。いろんな男と関係を持ち、愛されますが、黒神以外を愛することはできない。そういう星の下に生まれたのです。とはいえ本人次第で、愛し合える人を見つけられるのに、呪いにかかっているかのようにここから抜け出せない。

妖王が言葉巧みに誘導したせいで、晟凱の性的虐待すら「自分の魔性のせい」と信じ込んでしまいました。

「自分に近付いてくる男はみんな体目当て」と思い込んで心から愛されていると感じられないのです。ゆえにただ黒神だけが、自分を受け入れてくれると妄信するに至る。

……書いててかわいそうになってきた。

 

・妖王の手解き

霞乃江はもともと床上手でもビッチでもなかったのですが(むしろ苦痛でしかなかった)、妖王に調教手解きされてそっち方面に目覚めます。

エロの権化である妖王から直接叩き込まれたので、瑠璃たんより技術は上です。男を誘惑する術にかけては最強になり、火澄くんに至っては一目見ただけで骨抜きにしています。

この先もそういう描写が多いので、エッチ好きに見えると思いますが、実はそういうわけではないです(一方で瑠璃たんは素で好きです)。自分の心を守るために、好きだと思い込んでるだけで。

瑠璃とは異なり、霞乃江には剣で戦う力がありません。その代わりに強い男を操って戦わせます。そういう戦い方を教えてくれたという意味で、妖王には感謝しているようです。

妖王としては、異母兄の女である霞乃江を自分好みに染めていく愉しさがあったと思います。ほぼそれだけです。ゲスいな。。

 

この回は、全体的に妖王のセリフが気に入ってますが、とくに好きなのはこれです。

 

「男たちはおまえに平伏し懇願する。凡ゆる富を、享楽を授けて、おまえの愛を得ようとする」

「女たちはおまえの有する全てに羨望を抱き、愛を奪われ、おまえを憎みながら死ぬだろう」

 

 

【第十六話「劫火」】

 

・超重要回

霞乃江が生きる意味を語る場面。相当前から書いていた思い入れのあるシーンです。

重要なのを示したくて、冒頭にはメインタイトルと同じ言葉を配置しました。

今生では会ってもいない黒神に想いをよせ、(ほとんど妄想で)愛を語る場面なので、書きながら霞乃江たん頭やばいな、と思っていました。。

地影を使って王や重臣、氷姫、火澄を殺し、力が高まるとともに前世の記憶も断片的に思い出してきています。それでも、まだ黒神には会っていないんですよ。現実世界に失望し、どこまでも闇龍であろうとする。そんな霞乃江の中二病的一面を押し出しました。

 

・氷姫への仕打ち

氷姫を殺して首を切り取った霞乃江ですが、やたら姫に恨みを持っている様子。

霞乃江は晟凱の実の娘ではないので、本当の王族ではないとみなしています。本物の王女である氷姫が何不自由なく幸せに暮らしていることに、酷く嫉妬心を抱いています。

そのうえ火澄が好い男だったので、寝取って殺して現場を姫(の首)に見せつけます。

光龍である紗柄でさえ、この時はアウトオブ眼中なのに、とにかく姫が嫌いなんです。

その姫(の首)を相手に、はたから見ればちょっと異常で一方的な会話(というより黒神への告白)を繰り広げるのです。

 

・霞乃江の見ている黒神

 

「あの、光輝く微笑みを取り戻すためなら。あの、優しい御声を取り返すためなら。あの、慈愛に満ちた黒曜石の瞳に、今一度映されるためなら」

 

霞乃江はこう、黒神を語っていますが、本編を読んで復活後の彼を知っている方は、違和感があったんじゃないかと思います。

優しいとか慈愛とか、彼には無縁に見えますよね?

ここが伏線というか、重要ポイントです。

| 「凍える夢」について | comments(0) |