雑記や創作状況など。
<< ☆新作告知◆聖安シリーズ外伝「前世編」について | main | 鹿児島に行ってきました! >>
【各話解説(ネタバレ有)】「凍える夢」序〜第二話

執筆が最後まで終わってませんが、例によって連載したい病の発作に耐え切れなくなったので始めました。

余り救いのないお話ですが、本編をお楽しみいただいている方にもそうでない方にも、退屈しのぎくらいにはしてもらえるよう頑張ります!

 

【序「白雪幽夢(はくせつゆうむ)」】

 聖安シリーズの序章は、今回はこういうテイストのお話ですよ〜というのを語るものなんですが、外伝ということで変えてみました。

誰の視点で書かれているものか、当てるのはかなり難しいと思います。最後の方になったらわかるかも。

完成度的にイマイチな気がしているので、いずれ改稿するかもです。

 

 

【第一話「剣姫(けんき)」】

一年以上前に書いたものです。紗柄と氷姫、そして雪の顔見せ回。

紗柄というか、氷姫の方がなんとなく麗蘭に似てませんか?あえてというより、似てるな〜と思いながら書いてました。

紗柄も氷姫も、作者が中学生の頃にはいたキャラです。氷姫(氷花)の名前は今回改めてつけましたが、雪王子は昔から雪でした。ただし、雪も氷姫(氷花)と同じく本名があります。これは最後の最後まで出しません…

 

【第二話「異端」】

戦巫女、紗柄の実力を示そうと思って書いたお話。術も剣腕も、「開光」した麗蘭よりもレベル高いです。

麗蘭は仲間と戦いますが、紗柄は孤高です。一人でも強いから戦えるんです。でも、それゆえの弱さもあります。

そして、妖王が出てきましたね。髪型が「金色の螺旋」の時より短いですが、見た目年齢は同じ二十代後半くらいに見えます。ここではまだあまりわかりませんが、この頃の妖王は酷いやつです。若くてやんちゃです。幼少期の紗柄が、妖王のせいで人生を狂わされるのですが、もう少し後に出てきます。

展開が早めで、次話からどんどんお話が動いていきます。悲劇の始まりです。

 

 

 

 

| 「凍える夢」について | comments(0) |