雑記や創作状況など。
<< ◇挿絵掲載◇「金色の螺旋」挿絵追加しました | main | 信州花見旅行 >>
◇挿絵掲載◇「金色の螺旋」挿絵追加しました

 

珠帝と魁斗の間で悩み苦しむ朱雀(紅燐)が、瑠璃に誘われて黒いのに会いに来る場面です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 芳烈ほうれつな香りを散らす桂花の下、一人の美童が立っていた。黒漆の髪と瞳、白く冴えた顔は非常に麗しく、華奢な体付きからか少年にも少女にも見える。人間でいう歳の頃は十三、四で、丁度大人へと変わり始める頃といった所だろうか。

――人ならざる者。
 此の子供は人ではないと、一目いちもくで確信する。此れ程の美貌が、人として存在するはずが無い。斯様かような美を神々が人に許すはずが無いという、何の根拠も無い直感が頭を走り抜けたのだった。
 美しさ、だけではない。周囲の空気が、風が、異質だった。時折『彼』の頭上から舞い降りて来る乳白色の花が、葉が、彼の身体に触れること無く一瞬にして消失してゆく。目に見えぬ炎で焼き払われ、灰すら残さずに滅しているのである。
 無垢なる少年の姿をしているというのに、穏やかな表情で微笑すら浮かべているというのに、対した者に懼れを抱かせ威圧する。無機質で生気の宿らぬ闇色の双眸そうぼうが、矮小わいしょうなる人の子の心を暴き、抉り、暗黒に引き込んで突き落とす。慌てて目を逸らそうとしても、既に遅い。一度向かい合ってしまえば彼の虜囚として捕らわれ、其の美に魅了されて魂を奪われるか、恐怖に竦み動けなく為るかのどちらかと為る。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

変態な黒いのは、惑わす相手に応じて姿を変えるのですが、この日の気分は子供の姿だった模様です。

紅燐が神である黒いのを見て、一目で「人ではない」と気づいたという場面を、拙い語彙で頑張って表現しようとした記憶があります。

 

個人的に、こんなにかわいい容姿の黒いのが、この後のくだりで結構ひどい発言をしてるギャップが萌えです。

このへんです。

「卑怯で、醜悪で、純粋で……愛おしい程愚かな女」

 

黒いのはほとんどの人の思考を読むことができるので、紅燐に全て話させる必要はないのですが、それでも話させるのが彼の狡猾なところです。

話したくないことをわざと話させて、相手をコントロールするのです。変態だな。

 

 

あと、この記事を見てくれた人への感謝として、ちょっとしたネタバレです。

黒い人のこの中二病発言は、本心ではありません。嘘です。

「惓んで倦んで、仕方が無いんだよ。何かを望む人間が居れば与えて奪う。面白ければ、何でも好いのさ」

以前黒いのは蘭麗相手に「僕はうそをつくこともある〜」と言っていますし。

 

桂花の花弁が落ちて、黒いのの美しさを際立たせているシーンを、いつもながら職人豊代氏が綺麗に描いてくれました(●´ω`●)

この優しくも残酷な微笑の奥に隠れている本心を語れるのは、いつになることやら…(´◉◞౪◟◉)

 

 

 

掲載箇所は下記のとおりです。

*小説家になろう「金色の螺旋」第八章2話

 

 

*pixiv「豊代さや氏作品一覧」

 

 

 

 

| 創作(聖安シリーズ)について | comments(0) |