【各話解説(ネタバレ有)】「偽王の骸」第三十六話

2017.07.16 Sunday

0

    ■第三十六話「臥待ち月」

    http://ncode.syosetu.com/n2388dp/38/

     

    タイトルは、単に満月の日から数日後という意味合いで付けたものです。

    月の呼び方っていろいろあってどれも美しいですよねえ。

     

    ○第三部への伏線

    これに尽きます。

    樹莉の取った行動を見て、瑠璃が何らかの決心をします。

    その決心が正しいかどうか自信が持てず、燈雅にどう思うか聞きに行ったのです。彼を選んだのは、女を軽く扱い、おもちゃにしか思っていないところが、ある男(誰かは明白だと思いますが)に近い(本当かどうかは別)と思ったからです。緑鷹が生きていたら、彼に訊いていたでしょう。

    行為中に寝落ちしたのは、寂しすぎて誰かに甘えたい気持ちが暴発しており、何度も抱かれた燈雅につい心を許してしまったから(+人恋しさ故に没頭しすぎ&燈雅が上手すぎて疲労したから)。多分、緑鷹との時は普通に寝落ちしてたと思いますけどね・・・

    第三部は瑠璃がメインのお話です。この話で描いた部分を軸に、進めていく予定です。

     

    ○燈雅の過去

    燈雅を作った時(金色の螺旋執筆中)からずっと、決めていました。

    彼には過去に一人だけ本気で好きになった子がいました。が、国を守るために(あるいは、自分の帝位継承を確実にするために)、その子を切った(捨てたの意)のです。その事件こそが、珠玉が燈雅を後継に決めた要因の一つになりました。

    細かくは決めていないのですが、だいたいこんな感じです。いつか詳細書きたいですが、本筋には関わりないので書かないかもです。

    今回、瑠璃に「自分のために命を捧げた女がたら〜心に残りますか」と問われ、瑠璃が自分の過去を知ってて訊いたのかと疑います。おそらく、瑠璃は知らなかったと思います。あれだけ女を侍らせておいて、本命がいないところから、何か過去があるのかな〜くらいには思ってたみたいですが。瑠璃が彼を選んだのは上記の通りであり、偶然だと思います。

     

    スポンサーサイト

    2017.08.16 Wednesday

    0
      コメント
      コメントする