【キャラ解説】樹莉について(ネタバレ有)

2017.05.11 Thursday

0

    「偽王の骸」本編で退場しましたので、キャラ造形等こだわったことなどを書いていきます。

    樹莉については、これまで各話ごとの解説でも触れてきましたので、その内容を補完するものとしています。

     

    ■原形となったキャラについて

    樹莉の原形は、作者が中学生の頃に書いていた「散りゆく蘭 輝く蘭」(金色の螺旋続編)に出てくる魁斗の異母妹「李子(りし)」です。

    金髪で短髪、勝ち気で頭の良い子で、初登場セリフは「初めましてだね、人間のお姫様。あたしは李子。ここの王女やってます」でありました(←昔の原稿より)。「散りゆく蘭 輝く蘭」は、敵になった麗蘭を蘭麗、魁斗、蘢で止めるという話です。魁斗のツテで、魔界に助けを求めに行く流れでした。

    今回「偽王の骸」では、利発さをそのままにして、他はほとんど変えました。名前を樹莉にし、容姿も銀の長髪へ。神聖さと妖艶さを併せ持つイメージにしました。

     

     

    ■キャラ造形について

    19話以降、大きく変貌させることを最初から決めておりましたので、前後半で落差がはっきりわかるように作っていきました。

    前半は魁斗の妹らしく、不思議な力を持った不可侵の美少女。後半はエロエロ変態気味のサディスティック美少女です。後半については書いているうちにいつの間にかこうなってたという具合ですが、後から「眠狂四郎シリーズ」の「人肌蜘蛛」に出てくる紫姫っぽくなったなと思いました。紫様大好きなのです。。

    口調は変貌後に悪役の瑠璃たんと被らないようなボーイッシュなものにしました。結果、変貌後は妖艶かつ無邪気というギャップ萌的要素を持たせることに成功しました。ギャップ萌は意図してなかったのですが、結果お気に入りの子になりました。

     

     

    ■荐夕への恋

    樹莉はもともと精神面で成熟した子でして、年の近い知り合い(王宮に出入りするような貴族子弟)や兄弟のことは子供っぽく見えてしまいます。気が強い方で頭が良いのもあり、彼らからは女のくせに生意気、とか言われて弾かれることもしばしば。そんな中、荐夕は憧れの存在、魁斗と豹貴は貴重な仲良しさん、という位置付けでした。女の子の友達は殆どいなかったと思われます。

     

    荐夕への初恋は、思春期特有の憧れに近いものから始まって、だんだんのめり込んでいってしまう感じです。彼が愛する女の子(春澪)を娶ってからは諦めて、二人の仲を祝福していたのですが、心の底では諦めきれない未練がありました。そこであの事件が勃発して、自分のものにしたい欲が爆裂してしまい、憧憬→情愛→性愛(狂気的)とチェンジしてしまったようです。事件が起きなければ情愛の入り口らへんで終わってたと思われます。

    近親相姦というのは初めてまともに扱ったのですが、特殊なことは考えずに普通のこじらせ男女愛として書いていました。あの事件までは兄妹愛の方が強く、事件後からはこじらせ男女の性愛として書き分けました。

     

    ■3段階目の樹莉→今後

    麗蘭に助けられ、黒神や荐夕から離れて以降は、また違った段階の樹莉として描写しています。本来の樹莉とも違う、自分の犯した罪の大きさに怯える少女というイメージです。

    今後については、作中にある通り数年(十年近く?)幽閉生活を送ります。細かいことは決めておりませんが、豹貴が見つけて来た相手と結婚して普通の生活を送るのではないでしょうか。また好きな人ができてくっつけたらいいのですけどね。なかなか難しいとは思いますが(宮中のめぼしい男はみんな漁ってしまいましたし)、まだ若いのでいつか自分の気持ちに整理がつけば、可能かとは思います。一時期燈雅にもらわせようとしてやめましたが、そういうのもいいかもです。彼なら樹莉のことをかなり気にいるかと(エロいし)。

    声はしばらく枯れたままで治らないです。幽閉にプラスして何らかのペナルティを与えたくて書きながら突然思いついた設定でした。黒神のせいとはいえ、あれだけ悪さをしておいて、極刑にならないのはムシが良すぎる気がしていましたので。。

    読者さまには樹莉がかわいそうだと少しでも思っていただければ。樹莉への同情を誘う→より黒神が嫌われる、というのが私の狙いでございます。

     

    書くのがとても辛かったキャラですが、楽しくもありました。

    聖安本編にはもう出ないかもしれませんが、外伝などで機会があれば出したいです。

    スポンサーサイト

    2017.08.16 Wednesday

    0
      コメント
      コメントする