雑記や創作状況など。
☆新作告知☆聖安シリーズ外伝「前世編」について

小説家になろうの活動報告と同内容です。

 

↓↓↓

 

 

Twitterなどでちらほら小出しにしている新作ですが、執筆が全体の(おそらく)2/3くらいに到達しました。タイトルも仮題を「凍(こご)える夢のいやはてに」にしましたので、何となくお知らせしておきます。
「いやはて」は「弥終」でございます。

 

現在序章+15話、および16話と17話の台詞入れまで終わっております。ここまでで48,000字程度。
「金色の螺旋」「偽王の骸」よりも500年前の話ということで、さらに古風な感じになるように文章作りをしています。わたし自身は書き方変えてるつもりですが、読者様には気付かれないかも。。
相変わらず漢字が多いのもあり、一話あたりの字数を少なめにしています。

 

内容としては、麗蘭の前世の「紗柄」が、光龍なんてやだ!と駄々をこねながら、ヘタレ系王子の「雪」を守るお話です。
本編を読んでくださった方はご存知でしょうが、紗柄に待ち受けているのは悲しい最期だったりします。書きたいのは紗柄から麗蘭につながる魂の成長ですが、うまく着地できるかどうか結構不安←
前作「偽王の骸」もダークでしたが、今回はもっっっとダークです。エロいしグロい(R15)です。出てくる人はほとんど死ぬと思ってくださった方がダメージが少ないかと。
瑠璃の前世、「霞乃江」がボスであるものの、わたしとしてはもう一人の主人公的な位置づけで書いてます。本編第三部(「偽王」の続編)は瑠璃がメインのお話になりますが、そこへ至る前に読んでいただきたい大きな伏線があります。

 

連載開始時期は……目標年内!です。可能性30%くらいかな、今のところ……
クオリティを上げたいため、ラストまで書いてからアップしたいなと思っております。

待ってくださっている方(いれば)のために、ちょっとした人物紹介を置いておきます。

 

「凍える夢のいやはてに」(仮)
◆紗柄◆
最初の光龍「奈雷」から数えて3人目の光龍。「開光」がトラウマになり、神巫女の使命を放棄しているが、妖殺しを生業としており、現在は祥岐国の王子・雪の護衛。
◆雪◆
祥岐国の王子。ひ弱で剣も持てないため、心配した姉・氷姫によって、紗柄を護衛につけてもらう。心優しい青年。
◆氷姫(きよひめ)◆
雪の姉。祥岐でも高名な「剣の姫」。幼いころ、雪と一緒に妖に襲われたところを、紗柄に助けられる。以来、紗柄を王宮に招き、雪の護衛&自分の剣の相手として側に置いている。
◆霞乃江(かのえ)◆
王弟・晟凱(せいがい)の娘。宮の奥深くに閉じこもり、外界には出てこない。闇龍として、千年間封じられている黒神の復活を企んでいる。
◆炬(かがり)◆
仮面を付けた大男。霞乃江の命令に従い、実際に手を下す役割。
◆妖王◆
紗柄と霞乃江の運命を弄び、退屈を紛らわせている。本編ではまともだが、今作ではかなりゲスい。

 

こんな感じです。
短い話なので、人物は少なめ。

 

頑張って書いているので、早く世に出せるよう頑張りたいです…(´・ω・`)

| 日々 | comments(0) |
河口湖へ行ってきました!

鹿児島旅行の予定があったのですが、台風接近してたので急遽延期しました。

連休どこも行かないのもアレなので、一人で河口湖に行ってきました。

 

■大石公園

暑かった……

コキアは赤くなってなかったけどコスモスさんがきれいでした。

IMG_0780.jpgIMG_0782.jpgIMG_0787.jpgIMG_0788.jpgIMG_0789.jpgIMG_0790.jpgIMG_0796.jpgIMG_0795.jpgIMG_0791.jpgIMG_0783.jpg

 

 

■鳴沢氷穴

車がないもので、行くのちょっと苦労したんですが、正直失敗だったかなあと…時期的に氷柱が見れなかったのです(´・ω・`)

IMG_0778.jpgIMG_0777.jpg

 

■オルゴールの森

予想以上に良かった!

コンサート聴いたりおみやげを見たりで、のんびり過ごしました。

お花の写真も撮れたし(*´ω`*)

IMG_0805.jpgIMG_0813.jpgIMG_0816.jpgIMG_0827.jpgIMG_0829.jpgIMG_0832.jpgIMG_0849.jpgIMG_0820.jpg

 

| 日々 | comments(0) |
◆◆このブログについて◆◆

このブログは、雑記や旅行写真、創作作品に関する話、いただきものイラストなどを掲載しているブログです。

〜目次〜

≪創作関連≫
・創作全般について(連載作品のまとめなど)

・「聖安」シリーズについて(連載作品に関するお知らせや小説後書き、解説など)

・「聖安」シリーズのイラストについて(いただきものや作者のイラスト)

・「Orphanos」シリーズについて


≪読書・映画鑑賞・観劇記録≫
・読書記録(ブクログ)

・映画・ドラマ感想


≪旅行関連≫
・日々(国内の旅行、短期海外旅行はこちら)

・2013フランス旅行写真

・2014ドイツ・オーストリア旅行写真

・2015台湾旅行

・2015北海道旅行

 

・2016桂林(中国)旅行

・過去の旅行

 

| お知らせ | comments(0) |
近況報告とか

こんばんは。

最近ブログ書いてないので、たまには書きます。

 

【オフ近況】

・9月末に試験を控えてまして、一応勉強しています。4月に1度見送ってるのですが、今回もダメそうな予感。

全くやる気がでないんです…こんなに試験でやる気が出ないの初めてだ。。

もう落ちてもいいと持ってるので、8月にカナダ行ったり9月も身内の結婚式に泊まりで行ったり土日はふらふらしてたりです。まずい。

・10月初旬は鹿児島に一人で行くことにしました。なんかね、無性に一人旅したくて。

霧島と指宿の温泉に泊まります。目的は西郷どん関連とか霧島神宮とか。知覧の特攻隊関連の場所にも行ってみたい。

・あと、10月下旬になぜか家族とディズニー(泊まりで)行きます。

・もうすぐ30代に突入するせいか、いろいろ始めたくなっていて、秋から料理教室行こうと思っている。基本自炊派なんだけど、もっとおいしいものが食べたい。

・一応今年中に絶対行かなきゃと思ってるのは鹿児島だけなので、11月12月の旅行は検討中。てかお金使いすぎ?身内のご祝儀見栄はってめっちゃ包んだからな…痛い。

 

【創作関連】

・かねて言っている通り、麗蘭の前世の紗柄ちゃんの話を書いてます。今15話まで初稿できてて、47,000字くらい。あと5話くらいで終わらせたいけど無理か…6、7万字以内にはまとめます。

 これを今年中に連載開始したいんだけど、いかんせんタイトルが決まらない。いっそ公募したい。自分のネーミングセンスの無さがうらめしい。

 前から言ってますが暗いです。偽王も暗かったですがこっちの方がもっと暗いです。

 

こんな感じ。とにかく試験が嫌だ…あと誕生日が怖い。。

| 日々 | comments(0) |
カナダ(バンフ)旅行に行ってきました!

数年ぶりに一週間以上の連続休暇を取り、行ってきました。

自分が選んだ場所じゃないから前情報0だったんですが、滞在のしやすさや見どころ、遊び方の多さから、今まで訪れた場所の中でも台湾と並ぶくらいのおすすめ観光地だと思いました。

 

滞在二日目から山火事の灰が流れてきて、多くの場所で視界不良になったため、

写真も曇ってるのが多いです…なかなかガイドブックのような絶景は撮れませんな。

 

■バンフの街

カナディアンロッキー観光の中心。観光客とかワーホリの人しかいないんじゃない?

お店やホテルの従業員はいろんな国からワーホリで来てる若者が多いらしく、ものすごく親切。英語聞き取れなくてもゆっくりしゃべってくれたり、手を尽くして伝えようとしてくれる&こちらの意思をくみとろうとしてくれる。

治安も良いし、ひとりで歩いてても何も怖いことないし、日本でディズニーランドに来てるみたいな感覚でしたよ。

終始嫌な気分になることもなく、これほどまったり滞在できた海外旅行はなかった。

 

IMG_0197.jpgIMG_0200.jpgIMG_0202.jpgIMG_0206.jpgIMG_0225.jpgIMG_0233.jpg

IMG_0431.jpgIMG_0433.jpg

 

■レイクルイーズ

一昔前にこの場所が流行ったとかで。

一泊くらいこの湖畔のホテルに泊まりたかったな〜

IMG_0260.jpgIMG_0258.jpgIMG_0261.jpgIMG_0263.jpgIMG_0267.jpgIMG_0279.jpgIMG_0289.jpg

 

■クロウフット氷河

IMG_0294.jpgIMG_0295.jpgIMG_0298.jpg

 

■ボウ・レイク

美しすぎて言葉も出ない。

IMG_0306.jpgIMG_0308.jpgIMG_0309.jpgIMG_0311.jpgIMG_0312.jpgIMG_0322.jpgIMG_0326.jpg

 

■ペイトー・レイク

キツネみたいな形をしている湖。

IMG_0331.jpgIMG_0334.jpg

 

■コロンビア大氷原

雪上車に乗りました。

氷河に降り立ち、歩いてみたり。

ここの観光から、周辺で起きた山火事の灰の影響で霧のような天気になり、絶景が台無しになります(´・ω・`)

 

■モレーン・レイク

岩山みたいなのを登っていき、上から湖を見下ろしました。

ここも灰で曇っていて、せっかくの絶景がパア…

一番楽しみにしていた場所だけに、非常に残念でした。

IMG_0459.jpgIMG_0462.jpgIMG_0464.jpgIMG_0469.jpgIMG_0470.jpgIMG_0472.jpgIMG_0473.jpgIMG_0474.jpgIMG_0476.jpgIMG_0478.jpg

IMG_0480.jpgIMG_0486.jpg

 

 

野生のリスくんがいたよ。

IMG_0489.jpg

 

■タウカウ滝

落差400mの滝。

ものすごい迫力。

IMG_0503.jpgIMG_0505.jpgIMG_0507.jpgIMG_0511.jpgIMG_0513.jpgIMG_0515.jpgIMG_0517.jpgIMG_0521.jpgIMG_0528.jpgIMG_0530.jpg

 

■エメラルド・レイク

ここも灰で絶景が……

IMG_0557.jpgIMG_0563.jpgIMG_0567.jpgIMG_0568.jpgIMG_0569.jpgIMG_0571.jpgIMG_0576.jpgIMG_0577.jpgIMG_0578.jpgIMG_0582.jpgIMG_0588.jpgIMG_0592.jpg

 

■ナチュラル・ブリッジ

IMG_0546.jpgIMG_0547.jpgIMG_0549.jpgIMG_0550.jpgIMG_0552.jpg

 

■バンフ・スプリングス

古城のようなホテル。

宿泊はしませんでしたが、ステーキハウスでステーキ食べました。

IMG_0594.jpgIMG_0599.jpgIMG_0610.jpgIMG_0653.jpgIMG_0655.jpg

 

■カスケードガーデン

IMG_0629.jpgIMG_0631.jpgIMG_0632.jpgIMG_0633.jpgIMG_0636.jpgIMG_0637.jpgIMG_0639.jpgIMG_0640.jpgIMG_0641.jpgIMG_0643.jpg

 

■バンフ・ゴンドラ

サルファー山ゴンドラ。

高所恐怖症なので直前まで抵抗したのですが、同行者に乗せられ死にそうになりました。

しかも山火事の灰でほとんど景色見えないし。

IMG_0613.jpgIMG_0614.jpgIMG_0616.jpgIMG_0620.jpgIMG_0624.jpg

 

■ボウ滝

マリリン・モンローの映画「帰らざる河」のロケ地。見てないからしらないけど。

IMG_0644.jpgIMG_0645.jpgIMG_0649.jpgIMG_0650.jpg

 

■フードゥー

二枚目の写真の真ん中のやつがフードゥー。上から見ました。カッパドキアを切り取って来た感じ。

ここも灰で視界不良だったけど、広大な森と川の景色には感じ入りましたよ。原初に還る、的な。

IMG_0662.jpgIMG_0664.jpgIMG_0667.jpg

 

■ミネワンカ湖

ここも視界不良…もうイヤ。

IMG_0670.jpgIMG_0671.jpg

 

■乗馬体験

これは良かった!

昔済州島で、手綱を引かれるスタイルのはやったことあるんだけど、

ここでは手綱を持たされて一時間馬に乗せてもらえるという貴重な体験ができました。

川渡り体験とかすごくテンション上がった。

IMG_0681.jpgIMG_0684.jpg

 

馬上からの図。

IMG_0687.jpgIMG_0696.jpgIMG_0699.jpgIMG_0704.jpgIMG_0710.jpg

 

■車窓から、ロッキーの山々

とにかくデカい。そしてゴツい。

IMG_0292.jpgIMG_0177.jpg

 

 

 

 

| 2018カナダ(バンフ)旅行 | comments(0) |
長野(油木美林など)旅行に行ってきました

今回の旅行から、ミラーレス一眼カメラを導入しました。

アップしようとしたら容量オーバーで、画像縮小してます。高画質撮影の意味がなかった…(´・ω・`)

 

ちなみに阿智村のヘブンスそのはらにも行って星空を見たんですが、写真はないです。、

 

■油木美林

ここだけすごい涼しかったです。

 

IMG_0007.jpgIMG_0008.jpgIMG_0012.jpgIMG_0015.jpgIMG_0016.jpgIMG_0018.jpgIMG_0021.jpgIMG_0022.jpgIMG_0024.jpgIMG_0031.jpgIMG_0037.jpgIMG_0041.jpgIMG_0043.jpgIMG_0044.jpgIMG_0046.jpgIMG_0047.jpgIMG_0049.jpgIMG_0064.jpg

 

 

■下栗の里

この絶景を見るために3枚目以降の写真の林の中をひたすら歩いたんですが、疲れました…

 

IMG_0105.jpgIMG_0106.jpgIMG_0114.jpgIMG_0117.jpgIMG_0119.jpgIMG_0121.jpg

 

 

 

■高ボッチ高原

 

富士山は見えませんでしたが、きれいでした。

IMG_0125.jpgIMG_0126.jpgIMG_0132.jpgIMG_0133.jpgIMG_0134.jpgIMG_0135.jpgIMG_0137.jpgIMG_0138.jpgIMG_0139.jpgIMG_0142.jpgIMG_0143.jpgIMG_0145.jpg

| 日々 | comments(0) |
◇挿絵掲載◇「金色の螺旋」挿絵追加しました

 

聖地珪楽で、蘢くんと再戦する玄武(緑鷹)です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

――やはり、此の男は強い。

 表情に出すこと無く、蘢は慄いていた。片頬に冷笑を浮かべて彼を見下し、重厚な斬撃で容赦無く命を奪おうとしてくる玄武は、まさに猛将。大戦の折り、『西の猛禽もうきん』『女帝の鷹』と呼ばれていた頃の強さは未だ健在なのだろう。

――何故だ? 以前闘った時は、こんなに恐ろしくはなかったのに。

 気を抜けば、剣を持つ手が震え出す。恐怖と威圧感を覚えると同時に、蘢にはせなかった。何故、随加の時と比べて此れ程違うのか。何故、今の玄武には此処までの余裕が有るのか。

――いけない、気を散じるな。

 歯を噛み締めながら、なかなか勝機が見えず焦燥に駆られる。身体への負担は増していき、傷の痛みも伸し掛かってくる。

 そして蘢は、何時しか防戦に追いやられていた。呼吸は乱れ、額には汗が流れて、気力と体力共に限界に近付きつつある。

――何とか活路を開かねば。だが、如何どうやって?

 頭上から落とされた一撃を弾き返し、蘢は一度飛び下がって玄武と距離を取った。体勢を立て直して再び剣を構えた瞬間、玄武は剣を持ったまま右腕を前に出した。刃を地面と平行にして蘢の方へと突き付けると、剣の周りに神気の流れが出来始める。不審に思った蘢は、玄武が何らかの呪を唱え、神術を発動しようとしているのを察知した。

 同時に、玄武の視線の先が己を捕らえていないことにも直ぐ、勘付く。鋭い鷹の眼は、蘢の立っている場所を越えた所へと向けられていたのだ。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

いや〜〜〜〜イケメンですな。やばいですわ。

 

本当は文庫上巻の挿絵だったのですが、私がありえない勘違いをしたせいで掲載し損ねてしまいました。

下巻に掲載予定です!いやもうかっこいいから主人公でいいy……

 

 

何度か書いてますが、緑鷹は登場するにつれて存在感を増していき、作者の思い入れも強くなったキャラでした。

2章書いているときは、船上で蘢にまけて死ぬ予定だったのですが生き延び、

この再戦シーン↑書いてる時もここで死なす予定が瑠璃たんに助けられ、

8章でついに、という展開になりました。

 

珠帝や瑠璃たん、紫暗の前ではわりとまともですが、一国の将のくせして海賊に扮し、

船を襲っては好き放題していた正真正銘の鬼畜野郎ではありますが、

その不良っぷりに女性たちがホイホイされるんですね〜

そういう危うさがばっちり表現されています。

 

緑鷹様が本編で退場した際はしばらく自分でロスになりました。

今後本編では出てきませんが、スピンオフなどで出せたらいいなと思ってます。

 

 

掲載箇所は下記のとおりです。

*小説家になろう「金色の螺旋第7章11話

 

 

*pixiv「豊代さや氏作品一覧」

 

 

 

| 創作(聖安シリーズ)について | comments(0) |
岡山旅行に行ってきました

久々の遠出でした(*ノωノ)

 

最初は念願の倉敷!

大原美術館にあった「万有は死に帰す、されど神の愛は万有をして蘇らしめん」の絵が好きでポスカを買ってしまった。

 

 

 

吉備津彦神社と吉備津神社。

吉備津神社にあった「よろこびみくじ」が18禁すぎてびっくりしたよ、、

 

続いて鬼ノ城。

ここはかっこよかった!

 

 

 

備中松山城。

季節によっては雲海もみられるそうですな。

 

 

湯原温泉。

素朴だな〜って思ってたけど、後で聞いたら有名な温泉地なんだってね。

 

 

岡山城。

 

 

岡山後楽園

予想以上に広かった…

 

 

 

 

| 日々 | comments(0) |
文庫本「金色の螺旋(上)」通販開始&文フリ参加について

■通販について

先日お伝えした「金色の螺旋(上)」文庫本について、boothにて通販を開始しました。

匿名発送の「安心パック」を利用しての販売です。

金額は「文庫本価格1,000円+送料(宅急便コンパクトでの届け先地域ごとの金額)(+支払方法によっては支払手数料)」です。

既にTwitterで告知しており、数名の方にお買い求めいただき発送いたしましたが、注文者様の身元がこちらにはわかりません。

安心してご利用いただければと思います。その分送料が少し高めなのですが…

本当はネコポスで送料安くしたかったのですが、本が分厚過ぎて無理でした( 一一)

なお、数量限定販売、なくなり次第終了です。再販予定はありません。

今後のイベント参加は、下巻を出すときに何かしら出るかもしれませんが、出ない可能性もあります。

 

こちらのページからどうぞ。

https://amiami929.booth.pm/items/858624

 

 

 

■第26回文学フリマ東京(5/6)に参加しました

お伝えしていた通り、サークル初参加してきました。

仲良くしてくださっている方が数名来てくださったり、Twitterで拙作を知ったという方が来てくださったり、うれしい時間でした。

残念ながらひっきりなしに誰か足を止めてくれる…というわけでは全くなかったのですが、親しい方とお会いできたり、イベントの雰囲気を味わえたりして、参加してよかったなあと思っています(´・ω・`)

お立ち寄りくださった方、文庫をお買い上げいただいた方、ありがとうございました(^^♪

 

 

■今後のこと

目標だった文庫化も上巻のみですが完了し、早くも下巻制作に取り掛かっています。

また、新作(前世編)の執筆も再開しています。早く連載したいです。。

今年度は仕事が忙しそうだったり、いろいろありますが、楽しく創作していけたらなあと思います!

 

 

 

 

| お知らせ | comments(0) |
「金色の螺旋(上)」文庫版が完成しました

なろうの活動報告にも書きましたが。

ついに、わたしの長年の夢がかなってしまいました…!

そして、予想以上の出来栄えにほげーーーーっとなっております。

執筆中はもちろん、本にする作業中、何度もやめたいと思いながらやってましたが…

完成させられたのは、読んでくださる皆さまと、絵を描いてくれた豊代氏のおかげです。

5/6まであと一週間切りました。文フリ来てくださる方、もしいらっしゃいましたら、

当サークル「イ−67)荊ノ籠」にもぜひ来てくださいね(*´ω`*)

 

※基本的に数量限定頒布の予定です。再販未定、通販未定。

※下巻も出します。

| 創作(聖安シリーズ)について | comments(0) |